【アフターコロナの売れる店づくりについて】テイクアウトだけでは限界がある。弁当を販売することが鍵。

【アフターコロナの売れる店づくりについて】テイクアウトだけでは限界がある。弁当を販売することが鍵。

 

例えば、唐揚げ専門店に業態変更する動きが高まっています。それもテイクアウト専門店です。

 

このタイプの店、町中にたくさんできました。味も格段に良くなり、人気です。

 

ところが、売上的に考えると、もう一つ伸びません。注文が入ってから揚げるタイプのため、たくさんのお客様をさばくことができないからです。

 

また、売上のことを考えるなら、しっかりと唐揚げ弁当を売ること。

 

しかし、ここでも問題があります。ランチタイムに唐揚げ弁当が食べたいのに、作れる個数が限られてしまいます。

 

弁当は、ランチタイムに作り置き弁当を準備しておくことが大事です。

 

作り立て・出来立てにこだわっていると、売上が伸びません。このことは、大手弁当チェーン店の事例でもわかっていることです。

 

弁当をやると、ごはんを炊かないといけません。そのため、やらないという方もおられますが、弁当は確実に売上につながります。

 

逆に、おいしい弁当を作るというふうに考えた方が良いです。

 

テイクアウトだけでは厳しいので、弁当をどうするかも考えて下さい。