【お米屋さんのアフターコロナについて】ホテル・旅館がメインのお米屋さんが大苦戦!

【お米屋さんのアフターコロナについて】ホテル・旅館がメインのお米屋さんが大苦戦!

 

大阪では、温泉地や観光地が少ないため、ホテル・旅館がメインのお米屋さんというのはないです。

 

ところが、地方都市へ行くと温泉地のホテル・旅館へ米を納品するのがメインのお米屋さんがあります。

 

昔は、炊飯したごはんや夜のおにぎりの納品なども行っていました。こういう納品も今はほんの少しになっています。

 

今回のコロナの件で、飲食店だけでなく、ホテル・旅館もお客様が激減。そのため、ホテル・旅館がメイン顧客のお米屋さんが大苦戦されています。

 

元々、ホテル・旅館向けの米が主のため、他のターゲットに向けての米がなく、仕掛けも行っていません。

 

また、一般消費者向けの販売を行っても、ホテル・旅館向けの米の納品量には追い付かないです。

 

それに、一気に回復とはいかないでしょう。また、元の売上に戻ることはないです。

 

だから、何か新しい事業を起こさないと、会社が危ないです。

 

良い時は、本当に良かったビジネスモデルが、今崩れています。

 

次のビジネスチャンスを探す時のような気がします。