【地方都市のお米屋さんの経営課題について】大阪で学んだことを地元へ帰って実践しても上手く行かないのか?

【地方都市のお米屋さんの経営課題について】大阪で学んだことを地元へ帰って実践しても上手く行かないのか?

 

市場やマーケットの大きさが違います。

 

30年以上前に大阪で中間卸が出てきて大きな会社になられましたが、年商100億円を超えるところがあります。

 

ところが、地方都市では、年商10億円を超えることは稀で、なかなか大阪のようにはいきません。

 

大阪と地方都市では、数十倍の違いがあるような気がします。飲食店の数だけ比較してもわかります。

 

また、地元で米を作っています。大阪は、米を作っている方は、ほぼ0に近く、米はお金を出して買わないといけない食べ物です。

 

大阪でやっていることを学んで、地元に持って帰っても限界があるようです。

 

地方都市では、米以外の柱の商品や事業が必要です。

 

米マーケットが下がっていますので、なおさらこのことを考えて下さい。