【飲食店の弁当の売り方について】店頭で弁当を並べて売るだけから、本格的に1日100個弁当を売ることを考える

【飲食店の弁当の売り方について】店頭で弁当を並べて売るだけから、本格的に1日100個弁当を売ることを考える

 

コロナの影響で弁当を始められ、みなさん店頭に弁当を並べておられます。しかし、このやり方だと、売れても1日30個です。時には、売れ残ることもあります。

 

また、価格もワンコインの500円以下。これを脱却しないと、店の儲けはないです。

 

本格的に弁当を売る。弁当屋になる。それくらいの勢いが欲しいです。

 

まず、売れる弁当を作る。店内飲食で提供していた料理を弁当にしても売れません。肉系のがっつり弁当を作って下さい。

 

次に、500円以上の弁当が売れる工夫をする。いろんなものを組み合わせて、これなら少々価格が高くても書いた弁当にする。

 

さらに、チラシやパンフレットをもって近隣に営業に行くことが大事です。

 

特に、会社や事業所、施設などに行って、大量注文を取ってきて下さい。

 

ネットなども、弁当専門のホームページを立ち上げるというのも一つの方法です。

 

コロナウイルスはまだまだ続きます。それに、店内飲食だけでは、もう元の売上には戻りません。

 

だから、弁当の力を入れましょう。売上アップの可能性は、この弁当にあります。