【個人の飲食店の弁当の販売戦略について】無洗米は使用しない。「当店の弁当は、無洗米を使っていません。おいしい〇〇米こしひかりです。」

【個人の飲食店の弁当の販売戦略について】無洗米は使用しない。「当店の弁当は、無洗米を使っていません。おいしい〇〇米こしひかりです。」

 

少々規模が大きい弁当チェーン店や複数店舗お持ちのところは、無洗米を使われています。

 

ところが、弁当にした場合、味がしなくておいしくないということがよくあります。お客様もよくご存知で、弁当と言ってもごはんがおいしい弁当を選ぶようになっています

 

だから、「当店の弁当は、無洗米を使っていません。おいしい〇〇米こしひかりです。」というようにうたって下さい。

 

米も本物で、ピカピカでおいしい。

 

噛んで甘みを感じるごはんでないと満足されません。

 

無洗米は楽ですが、落とし穴がまっています。

 

個人店だからこそ、注意して下さい。