【飲食店のアフターコロナについて】弁当向きのメニューを提供されていたところが有利

【飲食店のアフターコロナについて】弁当向きのメニューを提供されていたところが有利

 

コロナの影響で、飲食店様は、皆弁当を始められました。ところが、弁当向きでないメニューもあります。

 

例えば、串カツ専門店や餃子専門店などです。串カツ専門店では、元々、ごはんの提供をされていません。串カツにお酒の組み合わせで営業されていましたので、炊飯して弁当を作ることが難しいです。

 

また、串カツ弁当と言うのは、あまり売れません。弁当で揚げ物なら、とんかつか唐揚げです。

 

餃子も串カツと同じです。弁当向きではないです。

 

弁当向きのメニューを提供されていたところは、弁当を始められて、店内営業だけだった時よりも売上が高くなった店もあります。

 

まだまだ、弁当は売れるでしょう。