【飲食店のアフターコロナについて】どこまで弁当に力を入れるか?

【飲食店のアフターコロナについて】どこまで弁当に力を入れるか?

 

お客様が少ないから、店内営業が満足にできないから、弁当を販売する。ランチの代わりに弁当を販売する。これでは、売れても1日30個程度です。

 

それに、平日限定で弁当を販売されている店が多いですが、大量注文が入るのは土日です。土日でまとまった数の弁当を売らないと売上は上がりません。

 

それに、お客様に店内で食事をしていただくよりも、弁当の方が楽です。この利点をもっと考えるべきです。

 

飲食店は、接客が面白くて、楽しい。だから、店の営業をやっているという方が多かったですが、状況は一変しています。

 

コロナに対応した商売のあり方を考えないといけません。

 

思い切って、弁当に切り替える?それも有りです。

 

真剣に弁当屋になってみられてはいかがでしょうか?

 

店内営業で売上は元には戻りません。

 

さて、どうするか?

 

これからの営業について、考え直した方が良いかもしれません。