【弁当の商品戦略について】大口注文が来ても大丈夫な内容にする

【弁当の商品戦略について】大口注文が来ても大丈夫な内容にする

 

1日最大何個の弁当を売りたいですか?

20~30個くらいなら、こだわった弁当でも良いですが、大口注文に対応するためには、弁当の内容を考えないといけません。

 

焼肉弁当や揚げ物がたくさんのっている弁当でないと難しいからです。こだわりよりも売れる弁当づくり。これが大事です。

 

また、大口注文が可能であることをSNSに投稿して下さい。

 

なかなか、大口を受けてくれる店が少ないからです。

 

大口注文が入るようになると、売上はグッと上がります。

 

そのための対応策を考え、弁当販売を行って下さい。

 

弁当は、店頭に並べて売るだけでなく、こういう大口注文がどれだけ入るかで決まります。