【アフターコロナの寿司店の立て直しが一番難しい理由について】テイクアウトはもともと少しあったが、弁当は作ったことがない

【アフターコロナの寿司店の立て直しが一番難しい理由について】テイクアウトはもともと少しあったが、弁当は作ったことがない

 

特に、宴会で売上を稼いでいた店はたいへんです。宴会は、自粛といった風潮があります。

 

居酒屋的に使っていただいていた店も、店内で声を出して騒いではいけません。

出てくるネタを味わうだけ。これでは、楽しくないです。

板さんとの会話も控えると食事に行った意味がないです。

 

また、他の飲食店では、すぐに弁当の販売を始められましたが、寿司店に弁当は合いません。海鮮丼を販売することはできますが、注文が入ってから作るか、予約注文です。

そのため、大きな売上を作ることはできません。

 

今年の秋冬は、鍋も期待できません。みんなで鍋をつつくのは、新しい生活様式に反しているからです。

 

さて、これからどうするか?

 

何か新しいビジネスを模索する必要がありそうです。