【節税対策のアドバイスについて】損金算入できるものを探し、ご提案します

【節税対策のアドバイスについて】損金算入できるものを探し、ご提案します

 

例えば、個人でやっている小さな会社であっても、就業規則を作り、出張旅費規定を設ければ、日当請求できます。

 

ただし、一般的には50㎞以上の出張の場合です。日帰りであっても、この距離を移動すればOKです。

 

でも、社長は別に日当はいらない?

そうではなく、社長が動かれた分、日当や交通費を経費算入できるという意味です。

 

また、出張した場合は、出張報告書を必ず書いて下さい。

 

このように経費にできるものがたくさんあります。しかし、税理士事務所から何も教えてくれない、アドバイスがないと言って、弊社に相談があります。

 

節税対策は、この損金算入できるものを探すことです。

 

お困りの方、ちょっと話をきいてみたい、アドバイスが欲しいという方は、弊社までお気軽に問い合わせください。