【アフターコロナの食の潮流について】工場で作られたものではなく、手作り感のあるもの

【アフターコロナの食の潮流について】工場で作られたものではなく、手作り感のあるもの

 

コロナの影響で、在宅する時間が多くなり、必然的に弁当や総菜に頼るようになっています。

 

しかし、意外とコンビニエンスストアの弁当や総菜が伸びていません。

 

お客様の嗜好が上がり、手作り感のあるものを選ぶようになっているからです。

 

特に、年配の方や高齢者の方は、そういう商品を好みます。

 

だから、食品スーパーでも店内調理したものがよく売れています。

 

工場で作られていると思われるものは買わない。

 

これから伸びるのは、手づくり商品です。