【飲食店のアフターコロナについて】家で外食をする時代。弁当販売は恥ずかしいことではない。

【飲食店のアフターコロナについて】家で外食をする時代。弁当販売は恥ずかしいことではない。

 

家で外食をする時代になりました。店で食べるのと同じものを家で食べることができます。店の中で楽しく食事をしていましたが、今はそれを買って帰って家で食べることができます。あっという間に、どの店も弁当やテイクアウトの技術が上がりました。

 

弁当は、何か恥ずかしい。間に合わせというイメージがありましたが、家ではつくれないと思うくらいレベルが上がっています。

 

そのため、弁当は、ちょっとした贅沢に変わっています。

 

飲食店の中でも、まだ弁当に抵抗感がある方がいますが、同窓と最高の弁当を作るべきです。

 

もう、店内飲食だけで売上は戻ってきません。これからは、弁当で数字を作ることが大事です。

 

弁当に対する認識が変わりました。弁当で攻めましょう。