【飲食店のアフターコロナ経営について】繁盛居酒屋を何店舗も作ってきた人が苦戦している

【飲食店のアフターコロナ経営について】繁盛居酒屋を何店舗も作ってきた人が苦戦している

 

自慢の繁盛店を今まで何店舗も作ってきた。人も育ててきた。

 

しかし、コロナの影響で売上は前年の何分の1かになっています。

 

ところが、腕利きの社長は、何とか今の状態のままで売上を上げたり、業態を変えて売上を伸ばそうとされています。

 

でも、メニューを変えたり、店内飲食に力を入れて、売上は戻るでしょうか?

 

おいしい料理を食べていただきたいという強い思いから営業してきた店ですが、限界にきているかもしれません。

 

方向性を大きく変えないと、赤字が膨らむだけです。

 

今、何が売れているかを判断し、それに取り組むこと。

 

そうでないと、会社が持ちません。

 

早めの決断が望まれています。