【飲食店の大量閉店時代を生き残る方法について】弁当・テイクアウトで活路を見出す

【飲食店の大量閉店時代を生き残る方法について】弁当・テイクアウトで活路を見出す

 

飲食店の大量閉店時代が来るかもと言われています。それに、コロナの影響で、良いことが全くないという方もおられます。

 

ところが、逆に昨年の売上よりも大きく伸ばしている店もあります。そういう方は、コロナが来ていなかったら、こんなに伸びなかったとおっしゃいます。

 

では、何をして、そこまで伸びたのか?

それは、店内営業を止め、弁当とテイクアウトに専念されたからです。

 

この先のことも考えると、店内営業で売上を上げるのは難しい。だから、早めに切り替えようと思われたようです。

 

弁当を徹底的に売る。それも店頭に並べて売るだけでなく、チラシを作って外回りの営業をして、大口注文を取ってきます。

 

売上アップは、この大口注文が鍵です。

 

大量閉店時代は、今までと同じことをしていても何も変わりません。どんどん売上は落ちて行くでしょう。

 

これからは、弁当・テイクアウトで、どこまで伸ばすかです。

 

出店して店を増やすのではなく、弁当を数多く売る。それに、店内飲食とは違い、売上の上限はないです。

 

後は、売れる弁当を作ること。売れる弁当とは、肉系の弁当です。

 

生き残るためには何が必要か、もう一度考えてみて下さい。