【飲食店のアフターコロナ戦略について】テイクアウトや配達に向いているかどうかで、売上は変わってくる

【飲食店のアフターコロナ戦略について】テイクアウトや配達に向いているかどうかで、売上は変わってくる

 

テイクアウトや配達に参入する企業や店が増えていますが、お客様の評価が分かれています。

 

弁当でもおいしく家で外食ができるものは、急激に伸びています。

 

例えば、超有名店のラーメンなど絶好調です。店で並ばなくても、同じ味が家で食べれるため、テイクアウトやネットでよく売れています。

 

しかし、店内飲食でないと、味わえないものは買われません。

 

配達も同様です。配達になると、品質が下がるものは厳しいです。

 

この線引きが、徐々に出てきているように思います。

 

配達に向かない商品は、今後伸ばすのが難しいです。

 

一方、テイクアウトや弁当に目覚めた店もあります。

 

この点で、大きく差が付いて行きそうな気がします。