【飲食店コンサルタントの変化について】もう店内飲食を伸ばすだけの提案では売上は伸びない

【飲食店コンサルタントの変化について】もう店内飲食を伸ばすだけの提案では売上は伸びない

 

コロナの影響で、店内飲食が大苦戦。新しい生活様式に合わせて営業すると、どうしても売上は下がります。

 

だから、店内営業で売上を上げるだけでなく、もっと視野を広げて、どういう事業・商売にするか考える必要があります。

 

弁当やテイクアウト、配達など様々な対策を打つことが、これから大事になってきます。

 

店内飲食にこだわっていると、生き残って行くのが厳しくなります。

 

だから、最近は飲食店コンサルタントではなく、弁当コンサルタントと言われるようになりました。

 

それくらい、弁当が伸びているからです。

 

弁当はチャンスが来ています。それを逃さないようにして下さい。

 

時代の流れをつかむことが大事です。