【ちょっとした贅沢の意味の変化について】家でおいしい弁当を食べることが、ちょっとした贅沢になっている

【ちょっとした贅沢の意味の変化について】家でおいしい弁当を食べることが、ちょっとした贅沢になっている

 

今までは、ちょっとした贅沢というのは、外食をたまにすることでした。ところが、コロナの影響で、飲食店で食事をするのを避ける人が増えています。ランチでも同様で、そのため弁当持参です。

 

外食でおいしいものを食べるというのは、リスクがあるため、それに代わって弁当を宅配で注文したり、店で買うようになっています。

 

そうしても家に居る時間が長くなっているため、この傾向は続くと思います。

 

だから、どの店も弁当に力を入れた方が良いです。それも間に合わせ的な弁当ではなく、ちょっとした贅沢が楽しめるもの。

 

弁当が普通で当たり前になりましたので、ちょっぴり弁当で贅沢したくなっています。

 

だから、今度はそういう弁当がチャンスです。

 

贅沢の仕方が変わってきているようです。