【コロナ禍の食の潮流について】外食よりも家で贅沢弁当。弁当の使い分け、二極化が進んでいる。

【コロナ禍の食の潮流について】外食よりも家で贅沢弁当。弁当の使い分け、二極化が進んでいる。

 

だんだん、弁当の売れ筋価格が上がってきています。理由は、消費者は上手に使い分けされているからです。

 

日常お昼で食べる弁当は、できるだけ安く済まそうとされます。

 

一方、週末に家で食べる弁当は豪華になっています。普通の弁当で物足らなくなり、ちょっと贅沢をされます。

 

外へ食べに行くのを控え、家で外食です。これが、今一番の楽しみかもしれません。

 

だから、ちょっとした贅沢弁当が売れています。

 

このマーケットも狙い目です。

 

週末、外食気分を味わえる弁当が、これから売れるような気がします。