【焼肉店のコロナ禍の経営について】一人焼肉や立ち食い焼肉は都会の話。地方都市では、焼肉弁当を売ろう!

焼肉店のコロナ禍の経営について】一人焼肉や立ち食い焼肉は都会の話。地方都市では、焼肉弁当を売ろう!

 

大阪などでは、一人焼肉や立ち食い焼肉が人気です。そのため、コロナ禍でも出店が増えています。

 

一時、焼肉食べ放題が大人気でしたが、今度はこういう業態の人気が高まっています。

 

ところが、地方都市では人が少ないため、このような業態は成り立ちません。

 

そこで、何をすれば良いですかと相談があります。

 

焼肉店は、焼肉弁当を売るべきです。弁当で一番人気は焼肉弁当だからです。

 

それも店頭で売るのではなく、電話で予約注文を受けて配達するスタイルが良いです。

 

予約注文の弁当の場合、数十個単位の大口が入ります。これが魅力です。

 

どこにも負けない内容の焼肉弁当を作る。地方都市では、近くに店がないため、配達を強化すると伸びます。

 

焼肉弁当の宅配専門店を作って良いくらいです。

 

是非一度ご検討下さい。弊社では、そういう店を作るサポートを行っていますので、ご興味のある方は、お気軽に問い合わせ下さい。