【飲食店のコロナ禍の経営戦略について】店は本店だけにして、弁当事業に本格参入

【飲食店のコロナ禍の経営戦略について】店は本店だけにして、弁当事業に本格参入

 

コロナの影響で、売上は何分の一かになっている。そのため、店は本店だけ残して、すべて閉店。

 

それだけでは、売上が上がらないので、弁当事業に本格参入。閉めた店で弁当を作ることができるので、場所は問題なし。厨房も当然使えます。

 

この戦略、良いと思います。もう、店内営業で売上を上げるのは難しいです。どんなに頑張っても元の売上には戻りません。

 

一方、弁当事業は、大きな可能性が潜んでいます。それに、今一番伸びている商品です。

 

早めに決断して、再出発。

 

成功されることを祈っています。