【仕出し料理専門店の経営戦略について】仕出し弁当が今まで以上に売れることはない。売れる弁当を新たに作った方が良い。

【仕出し料理専門店の経営戦略について】仕出し弁当が今まで以上に売れることはない。売れる弁当を新たに作った方が良い。

 

コロナの影響で、世の中では弁当がかなり売れるようになりましたが、仕出し弁当は売れていません。今まで以上に売れるということもないでしょう。

 

仕出し弁当は、冠婚総菜で利用する弁当です。ハレの日でないと使いません。そのため、おいしくても利用するのは、年数回です。

 

一方、売れているのは、街中で販売されている焼肉弁当や揚げ物弁当です。そんなに難しい料理ではないです。仕出し弁当の方が、手間がかかります。

 

それと、1個2,000円を超える弁当は、日常使いではないです。これもネックになっています。

 

折角の調理技術があるのなら、別事業を立ち上げるくらいの気持ちで、売れる弁当を作られた方が良いです。

 

仕出し弁当の新聞折り込みチラシがよく入っていますが、何かニーズに合っていないような気がします。

 

結婚式などの祝い事や法事等もなくなっています。縮小しています。そのような状況下で、仕出し弁当を使う人は減っています。

 

何か、新しく変わる必要があるような気がします。