【コロナ禍の飲食店経営について】焼肉店への業態変換では弱い。焼肉弁当が売れる新しい店・新しい形を作る。

【コロナ禍の飲食店経営について】焼肉店への業態変換では弱い。焼肉弁当が売れる新しい店・新しい形を作る。

 

ついに、大手居酒屋チェーン店が決断したようです。今ある居酒屋を焼肉店に変えるそうです。焼肉店の方が客単価が高く、仕入れルートさえ押さえれば有利です。

 

ただし、この戦略、コロナ前までなら良いですが、今はこの業態変換だけでは厳しいです。

 

今後、どの飲食店の業態であっても、弁当やテイクアウト・宅配が売れないと厳しいです。お客様は、飲食店で食事をするのを避けておられます。

 

これから、家で外食です。そのテーマに合った戦略が大事です。

 

だから、焼肉店に変えるだけでなく、焼肉弁当が売れる店にする。

 

また、店内営業は一切せず、焼肉弁当だけ、幅広く売って行くということも可能です。

 

何か時代錯誤しているような気がします。

 

飲食店経営者は、コロナ禍の対策をしっかり考えるべきです。新しい戦略が必要になっています。