【飲食業界の失業率の高さを補うものについて】弁当事業で仕事を作る

【飲食業界の失業率の高さを補うものについて】弁当事業で仕事を作る

 

飲食業界の失業率が高くなっています。閉店・撤退が増え、飲食業界自体がピンチです。それに、コロナの影響で元の売上には戻らないでしょう。

 

でも、このまま何もせずにいるわけには行きません。何かないか?

 

実は、飲食マーケットは減っていますが、逆に弁当の需要は高まっています。家で外食をする時代になりました。店の味を家で楽しむという新しい形が生まれています。

 

この流れに乗って、店内営業を止め、弁当の宅配だけに絞った経営をされる店が出てきています。

 

スタッフの数を減らさず、増やされています。前年を大きく上回る売上になっているからです。

 

だから、今後、弁当事業はチャンスです。弁当で仕事を作る。それも大事なような気がします。

 

伸びているものを伸ばすのが良いです。飲食店営業に代わるもの。それは、弁当事業です。