【売れる弁当の容器のサイズについて】細長い駅弁サイズの容器では弁当は売れない

【売れる弁当の容器のサイズについて】細長い駅弁サイズの容器では弁当は売れない

 

駅弁の牛めしなどによく使われている200㎜×70㎜タイプでは弁当は売れません。

 

弁当は、ボリューム感が大事です。

 

サイズ的には、250㎜×200㎜くらいが理想です。

 

ごはんもたっぷり入っていないとお得感がないです。

 

弁当を始めたり、見直すには、まず弁当の容器の大きさを考えて下さい。

 

弁当は、容器の大きさで決まります。

 

お洒落な器は、大口注文に向いていません。