【飲食店のアフターコロナ禍の経営戦略について】今年の年末は、どんな企画を打っても宴会は見込みがない。だから、今から弁当を事業の柱にしよう。

【飲食店のアフターコロナ禍の経営戦略について】今年の年末は、どんな企画を打っても宴会は見込みがない。だから、今から弁当を事業の柱にしよう。

 

今年の年末は、どんな企画を打っても宴会は見込みがないです。キャンペーンも始まっていますが、今だけでしょう。宴会の予約は厳しいです。特に、会社から宴会を行わないように通達が出ています。

 

もし、宴会に参加して、コロナになったら・・・

そういうことを考えると、宴会は行けません。

 

そうすると、それを補うものを何か考える必要があります。その一つが、弁当事業です。店頭でほんの少しだけ売るのではなく、本格的に1日100個以上売ることを考えて下さい。

 

おいしい弁当を作って、いろんな場面で利用していただく。軌道に乗れば、店内営業よりも利益が出ます。

 

弁当の事業化。それが、コロナ禍の飲食店経営の課題です。

 

宴会にまだ期待をかけますか?

 

例えば、自店でなくても他店で1件でも宴会でコロナが感染すれば、その瞬間、予約は解約、新規予約はなくなります。

 

次の世界を見て、戦略を立てることが大切です。