【お米屋さんの経営戦略について】どの価格帯を狙うか?

【お米屋さんの経営戦略について】どの価格帯を狙うか?

 

安い米は、食品スーパーで買うようになっています。大阪では、ついに5㎏980円が出ました。

 

一歩高い米は、1㎏1,000円を超える米が百貨店で販売されており、好調のようです。

 

さて、米専門店はどこを狙うか?

 

一番売りづらいのは、高中低の中、真ん中のゾーンです。安いか、高いか、それが売れる価格帯です。

 

安いのは、やりたくないと思います。それに価格競争に巻き込まれ、利益が取れません。

 

そうすると、高い米はどうでしょうか?

1㎏800円を超える米を集めて、ネットで売る。これが、一番可能性が高いような気がします。

 

おいしいごはんを家で食べる風習ができています。最高の贅沢は、高い米を家で食べることです。

 

このチャンス、逃さないでください。