【お米屋さんの経営課題について】綺麗でかっこ良い店を作り過ぎて、敷居が高くなっている

【お米屋さんの経営課題について】綺麗でかっこ良い店を作り過ぎて、敷居が高くなっている

 

リニューアルして、失敗ということがよく怒っています。リニューアルしたので、お金もかかっているので、お米の価格を少し上げられます。そうすると、お客様から見ると、高い店になったと思われ、足が遠のきます。

 

奇麗な店を作れば作るほど、売上が上がるのであれば、リニューアルした方が良いですが、そうはなっていません。

 

超繁盛店は、オープンしてから一度もリニューアルはされず、昔のままのボロボロです。また、リニューアルする気もないです。それをしたからと言って、売上が変わらないことをご存じだからです。

 

東京や大阪に綺麗でおしゃれな店を見に行く。本人は勉強になると思っておられますが、何も勉強にはなっていません。

 

それよりも古くて、一度もリニューアルしていないのに、なぜ売れているのかを研究すべきです。

 

お金をかけるなら、他のものにかけた方が良いです。あるいは、お金はかけないと決めること。

 

違った方向に行っていないか、ちょっと心配です。