【お米屋さんの経営課題について】在庫過多の米の処理をどうするか?

【お米屋さんの経営課題について】在庫過多の米の処理をどうするか?

 

在庫はいっぱい倉庫にあるのに、どんどん米が入ってくる。農家や生産者の方との契約があるため、仕入れないといけない。契約を打ち切ると、来年から米が入ってこない。そのため在庫がはけず、山積み。

 

まず、ネットでディスカウントして販売するのが良いです。お米屋さんのホームページを見ても、在庫処分の値引き販売をされていません。思い切った価格で、少しでも在庫を減らすことが大事です。

 

また、自店独自のホームページでは売れません。やはり、大手ポータルサイトの方が売れます。例えば、在庫処分に向いているのは、アマゾンです。そういうところを利用することも考えてみて下さい。

 

それと、今年に限らず、来根以降の予測です。飲食店は、コロナの影響でまだまだ閉店する可能性があります。そうすると、米の使用量も大きく減ります。

 

業務店・飲食店に頼った経営は厳しいということです。新しいビジネスを何か考える必要があります。

 

スリム経営、それを目指さないと、資金繰りがきつくなります。そうしないと、お米屋さんの倒産・閉店が出てしまいます。

 

あの手この手を使って在庫を減らすことが急務です。