【売れる弁当の価格帯について】高級店の弁当は売れない。売れるのは、日常使いしてくれる価格

【売れる弁当の価格帯について】高級店の弁当は売れない。売れるのは、日常使いしてくれる価格

 

高級店がいくら弁当を販売しても売れません。店で提供している料理を弁当にしても魅力を感じないからです。そのため、和食や日本料理店は苦戦しています。あの奇麗な器に盛りつけられた料理でないとご満足されません。

 

価格も2,000円を超える御膳弁当。一度は食べてみたいと思いますが、頻繁に利用することはないです。

 

やはり、売れ筋価格を抑えること。売れるのは、300円弁当とワンコイン弁当です。街中や大手チェン店では、600円前後が多いですが、何か特徴がないと売れません。

 

また、700円~800円で中身が充実している弁当も売れています。

 

さらに、会議や各種会合、大会などで使われるのは、1,200円~1,500円。

 

弁当は、何度も利用していただくことが大事です。そのためには、価格と内容を考えること。

 

それと、個人客だけでなく、大口注文が入るようなものを作らないと、売上は上がりません。

 

弁当は戦略次第です。しっかりと戦略を立てて売らないと厳しいです。