【弁当の棲み分けについて】利用の仕方によって売れる弁当が違う

【弁当の棲み分けについて】利用の仕方によって売れる弁当が違う

 

例えば、出前館やウーバーイーツで売れる弁当と弁当専門店で売れる弁当は違います。特に、最近出てきた配達スタイルは、高級弁当が多いです。配達料をかけてでも食べたい弁当です。

 

また、飲食店などが始めた弁当も、2つのパターンがあります。一つは、店頭で売るスタイル。もう一つは、店頭ではなく、配達がメインの大口予約で売るスタイルです。

 

実際、売上を伸ばしているのは、この大口予約スタイルです。しかし、マスコミ等も取り上げていませんし、どこがこのようなスタイルで売っているのかわかりません。

 

手数料をかけずに、どうやって自店の力だけで売って行くか、それが大事です。弊社の弁当販売のコンサルティングもこの方法で伸ばすことをアドバイス・提案しています。

 

弁当の配達販売と言っても、やり方がいろいろありますので、どれがベストなのか考えて行って下さい。

 

弁当で儲かる仕組みを作る。それが大切です。