【弁当の次の売り方について】単価の上がる弁当づくり

【弁当の次の売り方について】単価の上がる弁当づくり

 

コロナの影響で、弁当が売れるようになりましたが、ランチタイムでは、500円~600円くらいの弁当が売れ筋価格になっています。

 

しかし、弁当を販売しているとわかると思いますが、もう少し高い弁当が売れないか?

単価が上がれば売上も上がります。

 

しかし、単価の高い弁当は、客層も売れる日も異なってきます。そういうシチュエーションに合わせた戦略が大事です。

 

例えば、各種会合で使っていただけるような1,000円を超える弁当は、チラシやパンフレットを持って、営業に行かないと取れません。

 

あるいは、ハレの日、肉の日、月末の金曜日など、単価が上がりそうな日だけ豪華弁当を作るという方法もあります。

 

必ず、単価を上げることを考えて下さい。同じ商品を同じ数だけ売っていたのでは、売上が上がりません。

 

競争も激しくなっています。次の戦略を考えて下さい。