【お米屋さんの経営課題について】究極の寿司米から誰が食べてもおいしいと言う弁当のごはんの提案へ

【お米屋さんの経営課題について】究極の寿司米から誰が食べてもおいしいと言う弁当のごはんの提案へ

 

なぜ、弁当のお米か?

それは、米の使用量がぜんぜん違うからです。

 

こだわった寿司米を作っても、高級店の数は少なく、米の使用量も少ないです。

 

一方、コロナの影響で弁当を始められた飲食店が増え、米の使用量が極端に増えています。

 

また、弁当に合う米選びに苦戦されています。店内営業で使用されていた米をそのまま弁当に使用されているため、弁当に合うごはんになっていません。

 

だから、誰が食べてもおいしいと言う弁当のごはんの提案をすることが大事です。

 

弁当のごはんに強いお米屋さん。それがブランディングできれば、最高のPRになります。