【大阪の100円焼きの風景より】キャベツの量を増やさないとリピーターが増えない

【大阪の100円焼きの風景より】キャベツの量を増やさないとリピーターが増えない

 

ある100円焼き(お好み焼きの小さないものだと思って下さい)を買って帰って、食べてみると、キャベツの量が少なくなっています。小麦粉を食べているような感じ。

 

一時、野菜が高騰して、キャベツの量を減らされたところがありましたが、元のキャベツの量に戻した方が良いと思います。

 

100円焼きは、キャベツを食べるもの。それが少ないとがっかりです。

 

キャベツの仕入れ価格に大きく左右される商売ですが、少々価格が高くても、キャベツが多いということで評判を取った方が良いです。

 

やはり、キャベツの量が一番気になります。