【小さな会社の節税対策について】何が経費にできますか?何が必要ですか?

【小さな会社の節税対策について】何が経費にできますか?何が必要ですか?

 

まず、就業規則は最新のものを作っておられますか?就業規則を作っておかないと経費として落ちないものがたくさんあるからです。

 

例えば、出張旅費規程を作って、社長が50㎞以上仕事で出かけた場合、出張報告書を書けば、交通費やガソリン代、日当が経費として計上することができます。

 

マッサージ代や整体代も福利厚生費として落とせるというふうに書いてあると、経費にできます。

 

すべては、この就業規則次第です。

 

だから、節税対策を行おうと思えば、まず就業規則を最新のものに作り直す必要があります。

 

また、いろいろと現状をお聞かせ下さい。そういう話の中で節税対象になるものが出てくるかもしれません。

 

小さな会社ほど、節税対策は打ちやすいです。

 

是非一度、話を聞く時間を取って下さい。ご説明させていただきます。