【コロナ禍の飲食店経営について】実店舗を持たない経営

【コロナ禍の飲食店経営について】実店舗を持たない経営

 

もう、店はいらない?持たない?

そういう発想で飲食経営を考える方が増えています。

 

ゴーストレストランも増えていますし、弁当のテイクアウト専門に切り替えられた店もあります。

 

店を持つと固定費や店舗運営費がかかります。だから、同じ客数だと店舗営業の方が、利益が出ません。

 

これが、店を持たない大きな理由です。

 

素晴らしい店を持つ。今までは、それが夢でしたが、今は非効率になっています。

 

店を持たずにどうやって経営するか、それが大きな課題になっています。

 

【飲食店が販売する商品について】原価計算された商品は売れない。なぜ、個人店の商品は売れるのか?

 

大手ほど、しっかりと原価計算されています。それに、個人店でも優秀な方ほど、数字が得意です。想定原価率、飲食業界平均原価率以内に収められます。

 

ところが、そういう商品は売れません。お客様は、原価のかかっている商品を自然に選ばれます。

 

そのため、原価計算に強くない店がよく売ることがあります。

 

原価計算よりもお客様の満足を優先されるからです。

 

細かい原価計算をしていない商品の方が魅力的です。

 

だから、あまり原価を気にせず、お客様が喜ぶものを作りましょう。