【飲食店のコロナ禍の経営課題と未来像について】業態転換ではなく、弁当・テイクアウトが売れる店にする

【飲食店のコロナ禍の経営課題と未来像について】業態転換ではなく、弁当・テイクアウトが売れる店にする

 

コロナの影響で売上が激減。そこで、業態転換を図り、少しでも売上を上げようと考えられている方も多いと思います。

 

しかし、どんな飲食店に転換しても苦戦必至です。飲食業の事業自体が良くないからです。

 

それに、業態転換するとお金がかかります。投資しても回収できるかどうかわかりません。

 

だから、業態転換せずに、今の店で伸ばすことを考えましょう。

 

例えば、今はゴーストレストランが流行っています。厨房で作った料理を宅配します。店はなくてもできます。

 

また、弁当の宅配なら、どんな店でも可能です。ブランドを変えれば、全く異なるものもできます。

 

これからは、弁当・テイクアウトが売れる店を作る。さらに、宅配で伸ばして行く。

 

これが、飲食店の未来像です。

 

何かヒントになりましたでしょうか?

 

もうちょっと詳しい話を聞いてみたいという方は、弊社までお気軽に問い合わせください。