【お米屋さんのコロナ禍の商品戦略について】安い米を売る場合は、大義名分が必要 なぜ、安いのか?それをはっきりしないと、信用が落ちます。

【お米屋さんのコロナ禍の商品戦略について】安い米を売る場合は、大義名分が必要

なぜ、安いのか?それをはっきりしないと、信用が落ちます。

 

コロナで飲食店が不調のため、その影響がお米屋さんにまで及んでします。

 

業務用・飲食店用の米が余っています。だから、それを処分したいと思っておられます。

 

ただし、安い米を売る場合は、大義名分が必要です。

なぜ、安いのか?それをはっきりしないと、信用が落ちます。

 

例えば、精米年月日の古いものは販売しない。こういう米がホームセンターなどでよく見るようになっています。

 

だから、コロナで飲食店用の米が余っているための特別放出だとうたって下さい。

 

一般家庭用と違い、飲食店用は量が多いです。

 

一度、倉庫を軽くした方が良いです。

 

在庫処分は上手に行って下さい。