【コロナ禍の飲食店経営について】大箱の居酒屋の閉店・撤退

【コロナ禍の飲食店経営について】大箱の居酒屋の閉店・撤退

 

飲食店の中でも一番影響を受けているのが居酒屋です。そのため、閉店・撤退が多いです。

 

特に、大箱の居酒屋。今までは、一番儲かる業態でした。一度に大人数の宴会があり、好調でした。

 

しかし、今は宴会中心の営業ができません。予約が入りません。

 

学生客が主体の店では、お客様がほとんど入らなくなっています。

 

また、仕事終わりに飲んで帰るという文化が薄れています。在宅ワークが増え、オフィス街の人が減っています。

 

この環境の大きな変化に気づき、新たなビジネスを開始すべきです。

 

それが見えている人が、伸びるでしょう。

 

いつまでも居酒屋業態にしがみついていても、何も出てきません。

 

次に来るものを探しましょう。