【コロナ禍の飲食店経営について】生き残り策ではなく、新たなビジネスモデルの構築

【コロナ禍の飲食店経営について】生き残り策ではなく、新たなビジネスモデルの構築

 

よく、コロナ禍での生き残り策が論じられていますが、それでは難しいと思います。生き残り策というのは、今の状態のままで売上を回復させること。それで大丈夫でしょうか?

 

もう、いくら待っても元の売上には戻りません。新規感染が少しでも増えると、客数は減ります。これが、いつまで続くか・・・

 

逆に、コロナ禍でも伸びている店は、新たなものにチャレンジされています。例えば、弁当やテイクアウト、宅配などです。

 

店内飲食に頼った経営から、違うビジネスモデルを構築する時が来ています。

 

このことにいち早く気付かれたかが、先を走っておられます。

 

生き残り策ではない勝ち方、それが大事です。