【飲食店の弁当の販売戦略について】「お店の出来立てを弁当でテイクアウト」というキャッチコピー

【飲食店の弁当の販売戦略について】「お店の出来立てを弁当でテイクアウト」というキャッチコピー

 

「お店の出来立てを弁当でテイクアウト」というキャッチコピーでPRされている店があります。

 

良いキャッチコピーですが、店内で食べるのと同じレベルに再現できる料理とそうでない料理があります。

 

例えば、ラーメンは意外と繁盛店の場合、テイクアウトが当たっています。いつも長時間並んでしか食べれなかったのに、簡単に買えて、家で温めて食べるだけです。

 

一方、うどんの場合、期待したほどではなかったという感想をよく見ます。やはり、うどんは上げ方が難しいです。家庭用の鍋では、火力が違い再現が難しいのでしょうか?

 

このように、実際に満足が行く再現度かどうかが大事です。テイクアウトはやろうと思えばどの店もできますが、評価は分かれます。

 

お客様の満足度の高いものを作る。それが一番の課題のような気がします。