【飲食店のコロナ禍の売上アップについて】go to イートに頼らない、本格的な立て直しが必要

【飲食店のコロナ禍の売上アップについて】go to イートに頼らない、本格的な立て直しが必要

 

もうすぐ、go to イートが終わるかもしれません。年末を待たずに終了。ちょっと期待外れです。年末は、これで売上を上げようと思っていた店も多いはず。

 

しかし、このような企画は一過性のものです。長くは続きません。それに、必ず反動があります。

 

大事なのは、本格的な立て直しです。宴会予約に頼らない売上を作れるかどうかです。

 

居酒屋などの大箱の店は、この宴会予約中心の営業スタイルだったため、閉店・撤退が増えています。

 

ビジネスモデルが大きく変化していますので、撤退して新しいものを作った方が良いかもしれません。

 

今の飲食業界の時流は、ゴーストレストランです。店を持たず、固定費のかからないスタイルで料理には原価をかける。これをどうやって実現させるかを考えている方が増えています。

 

安くしたり、値引きしなくても売れるもの。これが、一番大切です。

 

本物の経営は、企画に頼らないこと。

 

そろそろ、成否が分かれそうな気がします。