【飲食店の店づくりの大きな変化について】店内営業の店を閉めてテイクアウト専門店に・・・

【飲食店の店づくりの大きな変化について】店内営業の店を閉めてテイクアウト専門店に・・・

 

店内営業主体の店、今までは普通でしたが、コロナ禍で状況は一変。居酒屋など今まで超流行っていた店が閉店されています。

 

お客様が店内で食事をされるのを控えておられます。それに、50歳以上のお客様が消えています。

 

そのため、大手飲食チェーン店は、大きく舵を切られています。テイクアウト専門の店に変えておられます。それもすべて路面店です。ビル内は不利のため、こういう戦略を取られています。

 

飲食店は、店で食事をするところではなく、弁当や総菜を買って帰る店になっています。

 

また、テイクアウトの場合は、安いだけでなく、本格的で専門性の高い料理でないと売れません。

 

こだわりの一品が提供できるかどうかです。

 

飲食店の店づくりや出店、発想を変えて考えた方が良さそうです。