【コロナ禍の飲食店の経営改善計画書の書き方について】銀行向けの場合、今の営業での改善だけでなく、新しい要素を入れること

【コロナ禍の飲食店の経営改善計画書の書き方について】銀行向けの場合、今の営業での改善だけでなく、新しい要素を入れること

 

やるかどうかはわからない。やれるかどうかはわからない。でも、新しい要素が入って

いないと銀行は納得しないでしょう。

 

だから、弁当販売やテイクアウト、宅配などを計画書の中に織り込んで下さい。具体的にどういうふうに立ち上げて行くかは、プロの飲食店コンサルタントに任された方が良いです。

 

実現可能な絵を書いてくれると思います。

 

赤字店を閉店するだけの計画書では意味がないです。これからどうやって伸ばして行くかがないと計画書になっていません。

 

新業態開発や業態転換もコストがかかります。今の状態のままで売上を上げるなら、やはり弁当やテイクアウトです。

 

さらに、力を付けて宅配に参入する。このストーリーが良いです。

 

銀行から経営改善計画書の提出を求められたら、コンサルタントの力を借りられることをおすすめします。