【ラーメン店のコロナ禍の経営戦略について】ラーメンか、餃子か

【ラーメン店のコロナ禍の経営戦略について】ラーメンか、餃子か

 

おいしいラーメンを作って、繁盛店を作る。ラーメンの種類も増やし、営業時間も伸ばしてさらに売上を上げる。次は、出店して店や会社を大きくする。これが一つの経営戦略でした。

 

ところが、コロナの影響で状況は一変しています。今後、店を増やして行くという戦略は非効率で厳しいと思います。外食をする、店で食事をすることを控えている方が多いからです。

 

そのため、ラーメンのテイクアウトに力を入れ始めています。あるいは、通販に参入し売上を伸ばされています。

 

後は、ラーメンを止めて、餃子に力を入れる店が出てきました。餃子の場合、テイクアウトだけでなく、ネット通販でよく売れます。餃子は、家庭で作っても店の味は出せません。だから、餃子好きの方は餃子を作ることを止めておられます。

 

そのため、餃子は今でも人気ですが、これから伸びる可能性があります。

 

ラーメン店が、餃子で売上を伸ばす時代が来ているかもしれません。

 

将来のことを考えると、これも一つの方法です。