【飲食店のコロナ禍の東京・大阪と地方都市の温度差について】地方都市では少しでも新規感染者が出たり、クラスターが発生すると、ガクッとマーケットが落ちる

【飲食店のコロナ禍の東京・大阪と地方都市の温度差について】地方都市では少しでも新規感染者が出たり、クラスターが発生すると、ガクッとマーケットが落ちる

 

東京や大阪では、新規感染者が出ても慌てなくなっています。それも織り込み済みで行動しています。

 

ところが、地方都市ではたいへんです。少しでも新規感染者が出ると、自粛する機運が高まり、店に訪れなくなります。

 

だから、少しでもこういうことが起こると、自粛気分は続きます。

 

安全が保障されない限り動かない。

 

そのため、地方都市ほど、マーケットが厳しいです。

 

極力慎重に営業して下さい。

 

まだまだ、感染はこれからだと考えた方が良さそうです。