【飲食店のコロナ禍の経営戦略について】繁華街からの撤退が始まった!

【飲食店のコロナ禍の経営戦略について】繁華街からの撤退が始まった!

 

繁華街は元々、人が多く、観光客もいました。ところが、まず観光客がいなくなり、日本人客だけで商売しないといけません。

 

ところが、コロナの影響で繁華街に人が出ていません。新規感染者数が少しでも増えると、利用を控えられます。

 

そうすると、今までは好立地で一番儲かるビジネスモデルだったのが、一番不利になっています。家賃負担も大きく、経営的には厳しくなっています。

 

そのため、繁華街への出店は止め、普通の街中で商売をする方が増えてきています。やはり、商売は地域密着です。その方が固いです。

 

地道に数字を上げて行く。その夢を描けるかどうかです。

 

また、実店舗を持たないゴーストレストランも出てきました。

 

時代は変わったのです。早く、それに気づいて、次の戦略を立てて下さい。