【寿司業界の変化について】激安寿司店から激安寿司テイクアウト店へ

【寿司業界の変化について】激安寿司店から激安寿司テイクアウト店へ

 

私の住んでいる町には、ここ数年、激安寿司店が何店舗もできて繁盛されていました。ランチタイムは行列ができています。

 

ところが、最近、コロナの影響で、激安テイクアウト寿司店がオープンされ、爆発的に売れています。何か当たったような感じがします。

 

寿司は、元々、高いイメージがあります。しかし、食品スーパーなどでは寿司売場が充実し、ニーズは高いです。そこで激安寿司店が登場しましたが、店内営業だと人件費や店舗管理費がかかります。

 

そのため、今度は激安寿司店を超える激安寿司テイクアウト店です。維持費が低く、その分、ネタに原価をかけておられます。

 

激安寿司店よりもネタが良いというのが、隠れたうりです。

 

激安寿司テイクアウト店、ついに始まったような気がします。

 

店には厨房を持たず、別の場所で調理・加工して寿司を持ってくる。一つのゴーストレストランのような感じです。

 

やはり、コロナ禍で新しい業態が登場しています。