【飲食店のコロナ禍の経営戦略について】店を持つ・店を増やすという夢から店は作らないビジネスモデルへ

【飲食店のコロナ禍の経営戦略について】店を持つ・店を増やすという夢から店は作らないビジネスモデルへ

 

調理技術を磨き、一流料理人と言われる方ほど、この大きな変化に対応できていません。

 

それに、接客サービスがない、お客様との会話がないのは、飲食店とは言えないと考えておられます。

 

ところが、ゴーストレストランや弁当の宅配ビジネスなどが出てきて、飲食業界の大転換期がやってきています。

 

そのため、新しいビジネスモデルを立ち上げる方がどんどん出てきています。この流れは、急速に進むと思います。

 

店を持つ・店を増やすという夢は、経営的には厳しくなっていることをご理解ください。

 

これから先、どういう夢を描くか、そこにかかっています。