【飲食店のコロナ禍の経営戦略について】店を減らして、デリバリービジネスを強化する

【飲食店のコロナ禍の経営戦略について】店を減らして、デリバリービジネスを強化する

 

店を増やして、スケールメリットを活かす。特に、店が多いほど原価が低くなったり、セントラルキッチンで効率化を図れると考えられてきました。

 

しかし、コロナの影響で、店内営業の売上が激減。元には戻らなくなっています。

 

そこで、新たなビジネスが出てきています。店の営業をしない、力をいれない商売です。

 

例えば、デリバリービジネスです。厨房さえあればできます。店はいりません。

 

いつまでも店舗数に固執するのは良くないです。逆に、店を減らすことを考えて下さい。

 

これからは、いろんな形でのデリバリービジネスが出て来ると思います。

 

飲食業界の大展開期がやってきています。このチャンス、逃さないで下さい。