【飲食店のコロナ禍のビジネスチャンスについて】厨房を貸すというビジネスモデル

【飲食店のコロナ禍のビジネスチャンスについて】厨房を貸すというビジネスモデル

 

よく、ランチ営業をやっていない店が、曜日限定で厨房を貸されている店があります。特に、カレーが多いです。腕試しから、徐々に人気が出て、実店舗をオープンされます。

 

ところが、コロナの影響で、飲食店を開業するのは、難しくなりました。リスクが大き過ぎます。

 

一方、コロナで急に人気が出た商品があります。それが弁当です。

 

弁当販売は、厨房さえあればできます。また、おいしい弁当を作って販売してみたいという方がおられます。

 

そこで、朝からお昼まで厨房を弁当販売したい方に貸すといいうビジネスモデルが成り立ちます。

 

あるいは、一緒に弁当を作ることも考えられます。

 

これからは、厨房を貸すというビジネスモデルが伸びます。

 

何かできそうなものを考えてみて下さい。